Archive for 6月, 2019

「HUAWEI P30 lite Premium」の良いところ、悪いところ

日曜日, 30 6月, 2019

“どれほど優れているスマートフォンであっても、欠点がまったく無いわけではないので、HUAWEI P30 lite Premiumにも良いところ、悪いところがあります。
HUAWEI P30 lite Premiumの良いところは、「ストレージ128GB」のため、実は後継モデルとしてストレージの増量に成功しているのです。他にも、「搭載CPUがKirin710」、「メモリーRAM4GB」となっているので、ハイスペックスマートフォンであるのは確かでしょう。
つまりHUAWEI P30 lite Premiumは、超高負荷3Dゲームアプリであっても、サクサク動作するスマートフォンを求めている人にオススメなのです。しかしHUAWEI P30 lite Premiumは、「格安SIMのSIMフリー版」の発売を行っているので、このようなところを悪いところと評価する人もいます。
近年では、ニュースでも騒がれているため、安全性について問う人も増えてきました。”

指紋認証機能は便利?「HUAWEI Mate 20 Pro」の口コミでわかる実態

金曜日, 28 6月, 2019

“スマートフォンの最新機種に関するニュースを調べていると、SNSなどを通じて、ハイエンドモデルの購入を控える人が増えている事実を知ることができます。
その理由ですが、HUAWEI Mate 20 Proのような高額スマートフォンであっても、指紋認証機能が完全ではないからです。実際に利用されている人の声を参考にすると、「コツがいる」、「50%くらいで指紋認証できる」という意見が見つかります。
このような悩みを抱えている人は少数派では無いため、その影響でハイエンドモデルの評判が下がってきました。補足となりますが、HUAWEI Mate 20 Proの指紋認証機能であっても、「指の腹で押すようにする」、「長めに強く押しつける」と良いそうです。
このようなトラブルはエントリーモデル、ミドルレンジモデルでも見られていたため残念ですが、スマートフォンの最新機能に触れる際は、あらかじめインターネット上の口コミも参考にしたほうが良いでしょう。”

カメラ性能で選ぶスマートフォンの選び方

金曜日, 21 6月, 2019

“今では、SNSに写真を投稿している人は多く、その影響でスマートフォンのカメラ性能についても、格段に進化するようになりました。
具体的にどのような進化を遂げているのかというと、以下のポイントに絞って確認すると、その進化ぶりが良く理解できます。まず、大きな変化ではイメージセンサーが強化されました。
イメージセンサーを見る時は、「サイズの大きさをチェックする」だけで問題ありません。サイズが大きいほど高性能で、その後に、画素数、F値などもチェックするようにしましょう。
画素数とは「静止画を構成する一つ一つの点」のことです。つまり画素数が多いスマートフォンは、「拡大しても画質が荒れないメリットがある」ため、写真撮影にこだわっている人たちから評価されています。
F値は「レンズの明るさ」のことで、F値が小さいものほど暗い場所でもきれいな写真撮影を行えるようになります。そのため、これらのポイントをおさえて選んだほうが良いのです。”

話題のワイヤレス充電の特徴、仕組み

金曜日, 14 6月, 2019

“ミドルレンジモデル以上のスマートフォンでは、ワイヤレス充電に対応している最新機種が一気に増えました。
それほど便利なワイヤレス充電なのですが、ワイヤレス充電の特徴は、コードレスの状態で充電が可能となっているところでしょう。これをワイヤレスというのですが、ワイヤレス充電の充電方法は、「専用充電パットの上に置くだけ」で完了するため、感覚的にワイヤレス充電を行うことが可能になっています。
今では、中高年の方もスマートフォンを持つ時代になっているため、このような機能のスマート化が評価されるようになってきました。しかもワイヤレス充電は、わざわざペアリングなどをする必要もありません。
つまりコストパフォーマンスも良い充電方式なのです。ワイヤレス充電は、「電磁誘導方式」が主に使われているのですが、これは給電側(充電パット)、受電側(スマートフォン)の2つのコイルを利用する充電方式となっています。
最新式のワイヤレス充電は、充電パットのどこにスマートフォンを置いても、充電ができるようになっているのも、ワイヤレス充電の大きな特徴でしょう。”

ミドルレンジモデルは高性能化が進んでいる

金曜日, 7 6月, 2019

“スマートフォンで良く聞く、「ミドルレンジモデルは平均的なスペック」についてですが、実際は、ハイエンドモデルと遜色ないミドルレンジモデルが増えてきました。
過去のミドルレンジモデルであれば、インターネットを利用できる、アプリを利用できる・・・、これだけでスマートフォンとしての性能は十分だったのですが、今では、OS、CPU、データストレージ、カメラ性能も求められるようになっています。これらの条件を満たすものはハイエンドモデルと思われていることが多く、ミドルレンジモデルでは満たせないと思われている人が多いのです。
しかし今では、ハイエンドモデルのようなスペックを誇るミドルレンジモデルが増えています。ミドルレンジモデルの場合、価格相場も約4万円に落ち着くようになったため、価格を気にしてスマートフォンを購入する人の場合、ミドルレンジモデルを選んだほうが良いかもしれません。
ハイエンドモデルと比較した場合、ミドルレンジモデルは動画を視聴する際のスペックに難があり、最新のゲームとの相性が良くないこともあります。”