RAMは重要!ROMとはどこが違う?

“最新機種のスマートフォンを探していると、「RAMが○GBで高性能」というものが良く見つかります。
そのため、スマートフォンのROM、RAMは似たようなもの・・・と勘違いしてしまう人もいるのですが、ROMは「保存できる容量」、RAMは「様々な用途で使用する際の容量」であることを理解しておきましょう。そもそもRAMとは、「ランダムアクセスメモリ」のことです。
1つの作業に対してのみ使用されるメモリではなく、アプリを使用する、動画を視聴する・・・というふうに、複数の作業を安定して行えるようにするために存在しています。RAMの見方についても、今ではハイエンドモデルのスマートフォンでは、4GB以上のものが増えていますので、こちらを目安にして、より高品質なスマートフォンを選ぶようにしましょう。
ちなみに、RAMの容量が少ないものを選んでしまうと、複数の作業、もしくはページを開く際に、急に動きが止まってしまうなど、様々な問題が起きてしまうため、このような悩みをすでに抱えている場合は、容量アップを意識したほうが良いでしょう。”

Your email is never shared.
Required fields are marked *