Archive for 9月, 2015

AndroidユーザーとiPhoneユーザー

水曜日, 30 9月, 2015

日本では世界に類を見ないほどiPhoneが普及しています。というのもAndroidが世界的にシェアを伸ばしているからなのですが、iPhoneがアップル一社のみの提供ということを考えると世界的に見ても大健闘だと言える中で、日本では拮抗しているのですからiPhoneがどれだけ好まれているのかがわかると思います。それでもAndroidユーザーがiPhoneを使わない理由というのがあります。それはマックは好きだけど結局はWindowsパソコンを使っている・・という理由と似ているかもしれません。もっともパソコンとスマホは違いますから一概には言えませんが、マックとWindowsの関係がスマホの世界にまで浸透しているのは間違いないでしょう。特にwindowsパソコンにどっぷりはまっていた人などはマックとiPhoneを同系列に見る傾向にあるので敬遠したい気持ちに拍車がかかるのかもしれません。もっとも中立的な立場からすると、アンドロイドハとにかくアプリが豊富で世界中のアプリを無料で楽しむことができるメリット、さらにとりあえずつかってみようというそんな遊び心に近いものがあるのに対して、iPhoneユーザーは根っからのアップルユーザーであり、マックを使うことにステイタスを感じていた人、熱烈なアップルユーザーというイメージがあるのは間違いありません。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

AndroidユーザーとiPhoneユーザー

水曜日, 30 9月, 2015

日本では世界に類を見ないほどiPhoneが普及しています。というのもAndroidが世界的にシェアを伸ばしているからなのですが、iPhoneがアップル一社のみの提供ということを考えると世界的に見ても大健闘だと言える中で、日本では拮抗しているのですからiPhoneがどれだけ好まれているのかがわかると思います。それでもAndroidユーザーがiPhoneを使わない理由というのがあります。それはマックは好きだけど結局はWindowsパソコンを使っている・・という理由と似ているかもしれません。もっともパソコンとスマホは違いますから一概には言えませんが、マックとWindowsの関係がスマホの世界にまで浸透しているのは間違いないでしょう。特にwindowsパソコンにどっぷりはまっていた人などはマックとiPhoneを同系列に見る傾向にあるので敬遠したい気持ちに拍車がかかるのかもしれません。もっとも中立的な立場からすると、アンドロイドハとにかくアプリが豊富で世界中のアプリを無料で楽しむことができるメリット、さらにとりあえずつかってみようというそんな遊び心に近いものがあるのに対して、iPhoneユーザーは根っからのアップルユーザーであり、マックを使うことにステイタスを感じていた人、熱烈なアップルユーザーというイメージがあるのは間違いありません。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

AndroidユーザーとiPhoneユーザー

水曜日, 30 9月, 2015

日本では世界に類を見ないほどiPhoneが普及しています。というのもAndroidが世界的にシェアを伸ばしているからなのですが、iPhoneがアップル一社のみの提供ということを考えると世界的に見ても大健闘だと言える中で、日本では拮抗しているのですからiPhoneがどれだけ好まれているのかがわかると思います。それでもAndroidユーザーがiPhoneを使わない理由というのがあります。それはマックは好きだけど結局はWindowsパソコンを使っている・・という理由と似ているかもしれません。もっともパソコンとスマホは違いますから一概には言えませんが、マックとWindowsの関係がスマホの世界にまで浸透しているのは間違いないでしょう。特にwindowsパソコンにどっぷりはまっていた人などはマックとiPhoneを同系列に見る傾向にあるので敬遠したい気持ちに拍車がかかるのかもしれません。もっとも中立的な立場からすると、アンドロイドハとにかくアプリが豊富で世界中のアプリを無料で楽しむことができるメリット、さらにとりあえずつかってみようというそんな遊び心に近いものがあるのに対して、iPhoneユーザーは根っからのアップルユーザーであり、マックを使うことにステイタスを感じていた人、熱烈なアップルユーザーというイメージがあるのは間違いありません。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

スマホと子供たち

火曜日, 29 9月, 2015

今やスマホは小さなお子さんでも持っているような時代になりました。なんと小学6年生のスマートホン所有率の全国平均は53.7%です。しかしスマホが子供たちに与える影響がどのくらい大きいかについては、まだあまり知られていません。最近ではスマホを取り上げられた少女が母親を刺殺するという事件が起こりました。ここまで極端な例ではないとしても、スマホを取り上げられた子供が泣き叫ぶとか、スマホでSNSを四六時中チェックしなければ気がすまないといった事例が報告されています。さらにSNSを通してトラブルに巻き込まれる中高生も少なくありません。確かに親とすれば子供にスマホを持たせれば居場所がすぐにわかったり、連絡が取りやすくなったりといったメリットも多くあります。しかし子供の成長を考慮した時にはスマホの利用の仕方に注意を払う必要があるでしょう。子供にただスマホを与えるのではなく、成長に合わせて利用できる範囲を広げていったりどんなサイトを見ているのかをしっかり監督したりする取り組みが重要なのかもしれません。スマホが便利な道具だからこそ、その利点を十分に活用しながらも、危険をしっかり避けることができるように大人が子供たちを助けていくことが必要なのではないでしょうか。

スマホと子供たち

火曜日, 29 9月, 2015

今やスマホは小さなお子さんでも持っているような時代になりました。なんと小学6年生のスマートホン所有率の全国平均は53.7%です。しかしスマホが子供たちに与える影響がどのくらい大きいかについては、まだあまり知られていません。最近ではスマホを取り上げられた少女が母親を刺殺するという事件が起こりました。ここまで極端な例ではないとしても、スマホを取り上げられた子供が泣き叫ぶとか、スマホでSNSを四六時中チェックしなければ気がすまないといった事例が報告されています。さらにSNSを通してトラブルに巻き込まれる中高生も少なくありません。確かに親とすれば子供にスマホを持たせれば居場所がすぐにわかったり、連絡が取りやすくなったりといったメリットも多くあります。しかし子供の成長を考慮した時にはスマホの利用の仕方に注意を払う必要があるでしょう。子供にただスマホを与えるのではなく、成長に合わせて利用できる範囲を広げていったりどんなサイトを見ているのかをしっかり監督したりする取り組みが重要なのかもしれません。スマホが便利な道具だからこそ、その利点を十分に活用しながらも、危険をしっかり避けることができるように大人が子供たちを助けていくことが必要なのではないでしょうか。

スマホと子供たち

火曜日, 29 9月, 2015

今やスマホは小さなお子さんでも持っているような時代になりました。なんと小学6年生のスマートホン所有率の全国平均は53.7%です。しかしスマホが子供たちに与える影響がどのくらい大きいかについては、まだあまり知られていません。最近ではスマホを取り上げられた少女が母親を刺殺するという事件が起こりました。ここまで極端な例ではないとしても、スマホを取り上げられた子供が泣き叫ぶとか、スマホでSNSを四六時中チェックしなければ気がすまないといった事例が報告されています。さらにSNSを通してトラブルに巻き込まれる中高生も少なくありません。確かに親とすれば子供にスマホを持たせれば居場所がすぐにわかったり、連絡が取りやすくなったりといったメリットも多くあります。しかし子供の成長を考慮した時にはスマホの利用の仕方に注意を払う必要があるでしょう。子供にただスマホを与えるのではなく、成長に合わせて利用できる範囲を広げていったりどんなサイトを見ているのかをしっかり監督したりする取り組みが重要なのかもしれません。スマホが便利な道具だからこそ、その利点を十分に活用しながらも、危険をしっかり避けることができるように大人が子供たちを助けていくことが必要なのではないでしょうか。

スマホが原因で「不眠症」に!

月曜日, 28 9月, 2015

夜間の就寝前にスマホを使っていたら、いつの間にか眠れなくなってしまった。そんな経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
スマホを使うと眠れなくなるというのには、いくつかの原因があります。スマホから発せられるブルーライトもその一つですし、また、スマホの操作をしているうちに脳が興奮してしまうというのも理由の一つです。
したがって、就寝前のスマホの使用は本来避けるべきではあるのですが、しかし、そうはいっても使ってしまうのがスマホ。むしろ眠れないからこそスマホを使ってしまうとも言いうるのでしょう。この悪循環にはまってしまうと、最悪のケースでは不眠症に陥ってしまいます。
そんな最悪な事態に至らないようにするためには、夜間スマホを使用しないようにするという心がけと、使用しても体にダメージを与えないような工夫が必要です。
筆者は、夜間スマホを使わないようにするため、物理的に枕元からスマホの位置を離していました。また、スマホの画面の明るさ調整を行い、輝度も下げるようにしました。スマホから発せられる光は、知らず知らずのうちに体を傷つけるらからです。
現代において、もはやスマホを手放すということは考えられなくなりました。しかし、だからと言って使い続けていると体を壊します。スマホをよりよく使うために、スマホを遠ざける創意工夫が求められているわけです。

スマホが原因で「不眠症」に!

月曜日, 28 9月, 2015

夜間の就寝前にスマホを使っていたら、いつの間にか眠れなくなってしまった。そんな経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
スマホを使うと眠れなくなるというのには、いくつかの原因があります。スマホから発せられるブルーライトもその一つですし、また、スマホの操作をしているうちに脳が興奮してしまうというのも理由の一つです。
したがって、就寝前のスマホの使用は本来避けるべきではあるのですが、しかし、そうはいっても使ってしまうのがスマホ。むしろ眠れないからこそスマホを使ってしまうとも言いうるのでしょう。この悪循環にはまってしまうと、最悪のケースでは不眠症に陥ってしまいます。
そんな最悪な事態に至らないようにするためには、夜間スマホを使用しないようにするという心がけと、使用しても体にダメージを与えないような工夫が必要です。
筆者は、夜間スマホを使わないようにするため、物理的に枕元からスマホの位置を離していました。また、スマホの画面の明るさ調整を行い、輝度も下げるようにしました。スマホから発せられる光は、知らず知らずのうちに体を傷つけるらからです。
現代において、もはやスマホを手放すということは考えられなくなりました。しかし、だからと言って使い続けていると体を壊します。スマホをよりよく使うために、スマホを遠ざける創意工夫が求められているわけです。

スマホが原因で「不眠症」に!

月曜日, 28 9月, 2015

夜間の就寝前にスマホを使っていたら、いつの間にか眠れなくなってしまった。そんな経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
スマホを使うと眠れなくなるというのには、いくつかの原因があります。スマホから発せられるブルーライトもその一つですし、また、スマホの操作をしているうちに脳が興奮してしまうというのも理由の一つです。
したがって、就寝前のスマホの使用は本来避けるべきではあるのですが、しかし、そうはいっても使ってしまうのがスマホ。むしろ眠れないからこそスマホを使ってしまうとも言いうるのでしょう。この悪循環にはまってしまうと、最悪のケースでは不眠症に陥ってしまいます。
そんな最悪な事態に至らないようにするためには、夜間スマホを使用しないようにするという心がけと、使用しても体にダメージを与えないような工夫が必要です。
筆者は、夜間スマホを使わないようにするため、物理的に枕元からスマホの位置を離していました。また、スマホの画面の明るさ調整を行い、輝度も下げるようにしました。スマホから発せられる光は、知らず知らずのうちに体を傷つけるらからです。
現代において、もはやスマホを手放すということは考えられなくなりました。しかし、だからと言って使い続けていると体を壊します。スマホをよりよく使うために、スマホを遠ざける創意工夫が求められているわけです。

スマホが原因で「不眠症」に!

月曜日, 28 9月, 2015

夜間の就寝前にスマホを使っていたら、いつの間にか眠れなくなってしまった。そんな経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
スマホを使うと眠れなくなるというのには、いくつかの原因があります。スマホから発せられるブルーライトもその一つですし、また、スマホの操作をしているうちに脳が興奮してしまうというのも理由の一つです。
したがって、就寝前のスマホの使用は本来避けるべきではあるのですが、しかし、そうはいっても使ってしまうのがスマホ。むしろ眠れないからこそスマホを使ってしまうとも言いうるのでしょう。この悪循環にはまってしまうと、最悪のケースでは不眠症に陥ってしまいます。
そんな最悪な事態に至らないようにするためには、夜間スマホを使用しないようにするという心がけと、使用しても体にダメージを与えないような工夫が必要です。
筆者は、夜間スマホを使わないようにするため、物理的に枕元からスマホの位置を離していました。また、スマホの画面の明るさ調整を行い、輝度も下げるようにしました。スマホから発せられる光は、知らず知らずのうちに体を傷つけるらからです。
現代において、もはやスマホを手放すということは考えられなくなりました。しかし、だからと言って使い続けていると体を壊します。スマホをよりよく使うために、スマホを遠ざける創意工夫が求められているわけです。