Archive for 1月, 2016

“スマートフォン 海外から輸入したい “

木曜日, 28 1月, 2016

格安スマホが欲しい、海外のスマートフォンなら、10000円程度で簡単に購入出来たりします。格好のいいものなど見付ければ、ちょっと輸入という気分にもなる時があるのではないでしょうか。
しかし、そのようなスマートフォンを購入と言う時、海外の法律に触れる可能性がありますので注意が必要といいます。日本において、電波法という法律があります。携帯など使用する場合、電波の混乱を防止するために作られている法律です。電波を規正しなければ、混乱して、人命にも関わる大きな事故を招く可能性もあります。
そこで、日本の電波法では技適マークの付いた端末のみの利用を許可していると言うことです。もしも、みなさんが海外でスマートフォンを購入と言うことであれば、技適マークがついていないと言う場合も想定することが出来ます。
そのようなスマートフォンを使用と言う場合、一年以下の懲役または100万円以下の罰金、更に治安維持、人名に関わる業務などに障害を与えた場合には 5年以下の懲役または250万円以下の罰金という罰を受ける可能性があります。
http://www.roomie.jp/2015/10/285419/

スマホ 充電はデリケート

土曜日, 23 1月, 2016

スマホ充電が遅い…と思うことないでしょうか。いろいろとスマホ充電に関しての事実が判ってきたと言います。スマホの充電を100%にしてキープしておくとバッテリーの寿命が3割も縮むということです。
ノートパソコンでは、ある機種には、実際に80%までしか充電をしない機能と言うのも備わっていると言うのをご存じでしょうか。パソコン・バッテリーは、既にそのような100%充電は正しくないという事実を知っています。
そもそもリチウムイオン電池というものは小さい中に電気をぎゅっと詰め込むことができるものらしいです。100%に既になったというのに、さらに電気を与えたら負担がかかって、満充電状態となってしまうのです。負担がかかり、結果として劣化して寿命が縮まるというわけです。
そして、バッテリーの問題は、それだけで済まず、0%状態で、スマホ充電と言うのでも、同じ様な感じで負担をかけてしまうと言うことです。スマホ充電は思っている以上デリケートです。

au、過去最高スコアでテレビCM好感度No.1に 「三太郎」シリーズが貢献

木曜日, 21 1月, 2016

auのテレビCMが、2015年度の好感度ナンバーワンに輝き、ソフトバンクのナンバーワン連続記録に終止符を打ちました。その原動力は、2015年1月から始まった「三太郎」シリーズであることは間違いありません。KDDIは昨年の12月10日、auブランドが「BRAND OF THE YEAR 2015」に過去最高スコアで初選出されたことを発表しました。BRAND OF THE YEARは、CM総合研究所(東京企画)の「CM好感度調査」において、1年間(11月から翌10月)を通して一番優れた評価を得たCMを放映した企業に贈られる賞です。1992年から続いている同賞は、ソフトバンク(旧・ソフトバンクモバイル)が2006年度から2014年まで8年連続で受賞してきたものです。2015年度は、auの「三太郎」シリーズのCMが非常に高い評価を得ていて、調査開始以来過去最高となる4810P‰(※)を獲得し、好感度第1位となりました。なお、ソフトバンクは1780.7P‰で第2位、NTTドコモは462P‰で第9位だったのです。(※ポイントパーミル:CM好感度調査の指標。毎月行っている3000人対象の調査で「好き」と答えたCMの得票数を示したもの)同日、都内でBRAND OF THE YEAR 2015の授賞式が開催された。式で記念プレートを受け取ったKDDIの田中孝司社長は、司会の峰竜太さんから率直な感想を聞かれると、「(8年間連続で1位を獲得していた)ソフトバンクさんの後に紹介されるのはうれしいですね。今までは逆だった(ソフトバンクの前に紹介されていた)ので」と喜びを隠さなかったのです。
 

“スマホ比較格安スマホ購入は難しい? “

水曜日, 20 1月, 2016

スマホ 比較しましょう。格安スマホにも、かなり関心を持っている人たちがいます。
しかし本当に格安スマホでいいのかということも追求していかなければなりません。格安スマホだから尚更スマホ比較が大事です。
格安スマホの料金は、 基本的に、1ヶ月に利用できるデータの容量と端末(スマホ本体)の価格によって決まるので、データ量と端末性能(価格)のバランスをも比較すると言うのも大事なことです。
同じデータ量と言うのに、性能の悪いスマートフォンとセットにして、料金を安くみせると言うのも行われている事実です。
更にスマートフォンの価格料金が月額利用料に含まれているというプランの場合、セットになってスマホ価格が安く設定されているプランもあり、逆にそこで元を取ろうとしているプランもあるので気をつけたいものです。
格安スマホ購入は難しいと言えば難しいです。データ量だけではなくて、スマートフォンの性能や価格も ちゃんと比較して購入されていかなければなりません。

法律整備がまずは必要

土曜日, 16 1月, 2016

難しいものなんですね~。先日、次世代のワイヤレス給電システムについて書かれたネット記事を読みました。もともとはアメリカの企業、Ossiaという会社が開発した給電のシステムだそうで、資本提携したKDDIが実用化を目指しているんだそうです。こうなってくると、スマホのバッテリーを常に気にしていた人も、そのストレスから解消されるかもしれませんね。CES 2016のエクスポ会場ではこの技術「Cota」を搭載した試作機も展示されていたとか。Cotaは、無線を使ってバッテリーチャージができてしまうという夢のような技術。しかも、1台のバッテリーチャージャーから複数給電を行うことも可能なんですって。ただし、この無線というのがネックになってしまうんですよね。日本ではこのような技術がこれまでに無かったため、法律として電波で充電するための遵守するべき法律がまだ無い!とのこと。そりゃそうでしょうね。この技術が予測できていれば、とっととCotaは広まっていたハズですからね^^長い年月をかけてKDDIとOssiaが開発してきたワイヤレス給電システム。法律が出来上がり、実際に私たちの生活に浸透するのって、これから何年先になるのでしょうかね~。待ち遠しいものです^^

歩きスマホを防げるように

金曜日, 15 1月, 2016

この頃は、歩きスマホがとっても問題になっています。
歩きスマホをしてしまった事で、事故を起こしてしまう可能性もあります。
そうならないためにも、歩きスマホを止めてなくてはいけません。
今では、歩きスマホをしないようにと言う運動も出てきています。
みんながマナーを守り、しっかりと気をつけてスマホを使用しなくてはいけません。
歩きスマホをしてしまう理由としては、やはりスマホ機能に問題があります。
電話、メール、ライン、ネットなどなど、歩きスマホの原因はたくさんあるのです。
こうったスマホ機能に必死になり、周りが見えなくなってしまっているのです。
そうならないように、スマホに使用も注意をしなくてはいけません。
スマホの機能もこれからどんどん充実をしていくと思います。
そうなればなるほど、歩きスマホも増えてきそうです。
そう言う事もあり、携帯会社などが歩きスマホ防止のキャンーペーンが行われたりしています。
これからも、歩きスマホの予防対策が大切になってくるのかなと思いますね。
スマホを使用をするのであれば、マナーもしっかりと守るようにしましょう。
歩きスマホをしないようにすれば、事故を防ぐ事もできるので注意をするよにしたいものです。docomo スマホ

スマートフォン 新しい施策

木曜日, 14 1月, 2016

最近スマートフォンはちょっとややこしい、と思っている人たちもいるのではないでしょうか。
安倍晋三首相の発言を受け、総務省で議論が進められてきた携帯電話の料金引き下げ。なにやら、スマートフォン料金も、いい方向にスムーズに進んでくれればいいのですが。
総務省から料金引き下げに向けた要請がなされました。総務省は「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」を実地しました。
総務省が発表した「スマートフォンの料金負担の軽減および端末販売の適正に関する取りくみ」によると、 大きく3つの施策が成されるということです。
スマートフォンの料金負担の軽減、 端末販売の適正化等、MVNO のサービスの多様化を通じた料金競争の促進、この三つです。スマートフォンを使用しているライトなユーザー、スマートフォン購入の補助を受けない人たち、それはつまり長い間機種変更をしていない人たち、長期利用者の多様なニーズに対応した料金プランを導入することがプランの目的です。

ソフトバンクの電力サービスは「ソフトバンクでんき」

日曜日, 10 1月, 2016

ソフトバンクは、2016年4月から電力サービス「ソフトバンクでんき」を提供します。電力サービスへの参入自体は11月に発表されていたが、今回、サービス名称が決まった。詳細は1月にも明らかにされるということです。サービスロゴ
 「ソフトバンクでんき」は、家庭向けの電力サービスです。2016年4月の電力小売りの全面自由化にあわせて開始されるもので、ソフトバンクでは東京電力と家庭向け電力販売に関する業務提携に向けた基本合意を締結済ということです。携帯電話や固定回線とのセットで、全国規模で展開される見込みとなっているのです。今回、サービスブランドが決定。料金など詳細については、申込受付がスタートする2016年1月中に案内される予定です。ソフトバンクは、お客さまの「あんしん・あんぜん・おとく」に役立つ新たな付加価値を創出する新サービスを「ソフトバンクでんき」ブランドで提供するのです。サービスの詳細については、申し込み受付開始を予定している2016年1月中にお知らせする予定です。なお「ソフトバンクでんき」に関する情報は、「ソフトバンクでんき」特設サイト上で紹介していくということです。ソフトバンクでは引き続き、2016年4月の電力小売り全面自由化に向けて、魅力的な商品サービスを提供する準備を進めていくということです。

スマートフォンの使用方法に注意

土曜日, 9 1月, 2016

最近では、スマホで盗撮などをする事件が多発しています。
スマホを使用をしているのは、当たり前なように思っているので、そこで犯罪に使用されているとは思わないのです。
そして、スマホを使用している人の中では、歩きスマホをするぐらい、スマホに集中をしている方がいます。
そういう人は本当に注意をした方がいいです。
歩きスマホをしていると、その間に盗撮などをされている恐れがあります。
やはり、犯罪者の中には、そういう風な人を狙って、盗撮をする人もいたりします。
なので、歩きスマホもそういう危険な目に合う可能性があるので注意をした方がいいのです。
スマホに集中しすぎて、犯罪に気が付かないという事は怖いですよね。
犯罪者はどこにいるか分かりませんから注意をしてもらいたいです。
そして、歩きスマホはしないように注意をしなくてはいけません。
スマートフォンを使用をしていると、ついつい集中をしてしまいます。
なので、どこか座ってスマホを触るよにするなど対策をした方がいいと思います。
歩きスマホをする事で、周りにも迷惑がかかりますし、犯罪に巻き込まれる可能性もあるので注意をしましょう。
日頃のスマートフォンに使用方法に注意しましょう。こちら