Archive for 11月, 2015

あまり使わないスマホの機能

土曜日, 28 11月, 2015

スマホには多くの機能がありすぎるため、日々使う機能もあればあまり使わない機能もあります。中にはスマホを買って以来一度も使ったことのない機能さえあるのではないでしょうか。そこであまり使わないスマホの機能についてのランキングを見てみましょう。第一位は、「交際機能」だそうです。これは人の目にある虹彩でロックを解除するというものですが、そこまでセキュリティを意識しないという声が多く見られます。他にも、テキストの読み上げ機能などを使わないという声も見られます。自分で読むことができるという点に加えて、周りに人がいると使えないという気持ちもあるようです。さらにおサイフケータイなどのIC決済機能などはセキュリティに不安があるため敬遠されがちな機能です。最近では万歩計がスマホについている場合も少なくありませんが、歩数を測る習慣がない、どれだけ正確に測れるのか未知数といった意見が多く、あまり利用されていない実態がうかがえます。テレビ電話機能に至っては、テレビ電話をする相手がいないといった悲しい意見も見られました。こうした使われない機能にも注目しつつ、自分に必要ない機能をカットして使いやすいスマホを手に入れたいものです。

“やっぱりau スマホで良かった “

水曜日, 25 11月, 2015

はじめてauスマホという人たちに、どのようなものを選択すべきかということをお話ししましょう。やはり、
ポイントは画面です。小さいスマホは手に収まりフィットするかもしれませんが、画面が小さいことで結果的には目が疲れストレスを溜めることになるかもしれません。スマホは携帯電話だけの機能ではありません。画面でインターネットの閲覧をしたりするものなので、画面が大きい、 キレイということを注目しましょう。
そして、いろいろ機能がついていてお得という意識が生まれるのかもしれませんが、大事なポイントは、直感的操作で使いやすいかということです。日常生活で頻繁に使うスマートフォンはやっぱりこうあるべきでしょう。
そして、いろいろ格安スマホなるものもありますが、しっかりその会社でサポート体制が充実しているかということも注目をしましょう。その時、やっぱりau スマホで良かったと思うことになるはずです。多くの人たちがauだから安心・安全を確保しているのです。
スマホ au

短時間でスマホを可能なかぎり充電するUSB充電器

日曜日, 22 11月, 2015

朝起きたら、枕元のスマホを充電していないことに気がついた..。ということがたまにあります。というかよくある人もいることでしょう。そんなときに出かけるまでのわずかな時間に、少しでも多くスマホの充電をしておきたいところです。『Aukey 3ポート Quick Charge 2.0』は、USBポートを3つ備えた充電器です。オレンジ色の1ポートがクアルコムの「Quick Charge2.0」規格に対応しています。従来の充電と比較して75%早く充電することが可能となっているモバイルバッテリーです。Nexus6やXperia Z4といったAndroidスマホ/タブレットがQuick Charge2.0に対応しているのもポイントが高いですね。他2ポートも自動電流識別に対応して、接続された機器に最適な出力に合わせた充電が可能です。3ポート合わせて42ワットの大出力なので、タブレットなども問題なく充電可能となっているのが大きいですね。スマホやタブレットの大型化によって、バッテリー容量が増える=充電時間が増える傾向にあるので、高速充電ができるのは嬉しいですし今後のトレンドとなるでしょう。iPhoneはQuick Charge2.0に対応していませんが、自動的に5V/2A充電に切り替わるので充電は問題なくできます。

“ドコモ スマホ 魅力的なプラン “

金曜日, 20 11月, 2015

iPhoneを持ちたいと言うのならやはりドコモスマホで決まりかもしれません。 iPhone6sの販売がスタートして、料金プランにおいて、新しいものが登場しています。
docomo「カケホーダイライトプラン」に是非スポットライトをあててください。「カケホーダイライトプラン」は、「カケホーダイプラン」とはちょっと違います。
「1回の通話が5分以内」とかなり短めの設定です。1回あたりの通話を5分以内に抑えることが出来るというユーザーにおすすめ出来るサービスです。実際に通話というのは毎日頻繁に利用しているけど、極々時間は短いという人たちにおすすめ出来る方法です。
料金は1,700円であり、カケホーダイプランよりも1000円も安いということに大きなメリットがあります。
ケースバイケースで是非このようなプランにも目を向けてください。ただし一方の「カケホーダイプラン」もとても魅力的なプランです。こちらのプランでは1回あたりの通話時間を気にかけていただく必要は全然ありません。 通話大好きという人たちにおすすめです。

スマホカメラの機能はこれからも向上していく

木曜日, 19 11月, 2015

年々進化するカメラのスマホ性能です。今ではデジタルカメラがなくても、鮮やかな写真を手軽に取れるのは本当に助かりますよ。今は、スマホを選ぶ要素の1つとして、カメラ性能を気にする人はとても多いのではないでしょうか。スマホのスペック表などを見ると、800万画素といった言葉をよく見かけます。「画素数」というのは、デジタルで表現される「ピクセル(点)」の数のことです。同じ大きさの画像であれは、画素数が多いほど密度が高くなって、精細な画像となります。ただし、画素数が大きいほど綺麗な写真が取れるというわけではないので注意が必要なのです。画素数が多くても、レンズ、撮像素子、画像処理による画像データの解像度が低いと綺麗な画像にはなりません。そして、最新のスマホは、ただ綺麗な写真が撮れることを売りにしているのではなく、さまざまなカメラ機能を付加価値として提供しているのです。一体、スマホのカメラはどんな風に進化しているのでしょうか?スマホのカメラ機能も、随分と多様化してきていることがわかりますし、各社の競争が激しくなり、差別化のポイントとして、カメラ機能は非常に重要なウエイトを占めているのです。これから、益々進化していくであろうスマホカメラの将来から目が離せないですね。

” ドコモ スマホでDMMmobile”

日曜日, 15 11月, 2015

一番安いSIMはどこかということを選択すればDMMMobileに行き着くことになると思いますが、 DMMMobileならドコモ スマホでも使用出来るということです。
SIMフリーの端末 でなければ、格安SIMは使用出来ないと考えるのは大きな間違いです。子供さんがスマホ入門という時、 DMMMobileのSIMカードを以前に使用していたスマホにさし込むというのが方法としてありです。docomoを解約して、MNPで、 DMMMobileに乗り換えという技もOKです。
ただし、ちょっと注意をしなければならないこともあるようです。それはドコモメールが使えなくなることです。ドコモメールって大事ではないでしょうか!そしていざという時にもdocomoショップのサポートを受けることが出来ません。結構しっかりキャリアからサポートを受けれるから安心と思っていた人たちは大丈夫でしょうか…。そして無料の音声通話というものもここにはありません。

“docomoからauスマホ へポートイン”

土曜日, 14 11月, 2015

docomoスマホという人たちもちょっとauスマホへMNP乗り換えというモチベーションってどんどん高まって来た頃ではないでしょうか。
auへポートインしましょう。
LTE NETとはどのようなことをいうのかと言えば、 月額¥300を支払いして、キャリアメールを使用出来るようにすることです。このようなのもがオプションなので、契約して当月に取り外すというのも可能です。
Wi-Fiでネットというのも可能です。ただし、キャリア独自のサービスが使用出来ないと言うことも出てくるかもしれませんので、しっかりチェックして解約をおすすめします。
LTEフラットとは、 4GのLTE回線を、インターネット使い放題で利用出来る固定料金プランのことを言います。
現在ドコモ スマホを使用しているという人は、 パケット放題系のプランに入っている場合、今月それを解約して、翌月にauへポートインというのが、二重にならない為の有効的方法です。解約のタイミングって結構大事です。

スマホが異様に熱い!バッテリー発熱の原因と冷却対処法

金曜日, 13 11月, 2015

暑い時期になると、特に発生しやすい「スマホが熱くなる」現象です。スマホに使われているリチウム電池が熱くなっているのが原因で、放っておくと故障、最悪の場合では、発火や爆発事故につながる可能性もあるのです。スマホの発熱の原因を知って、早めに対処しておきましょう。スマホ本体が高温になる原因ですが、スマートフォンは、高い温度が苦手です。原因を知ってなるべく高温にならないようにしましょう。ながら充電という言葉があります。バッテリーの減りの早いゲームをやっていたり、長時間動画を見る時など、充電をしながら本体の操作をしていないでしょうか。
この行為はバッテリーへの負荷が高く、かつ発熱をしやすくなる上に、バッテリーが劣化して寿命が縮めてしまいます。緊急の場合以外は、なるべく、ながら充電はしないようにしたほうが良いでしょう。熱くなりすぎて、ケース越しにも本体が温かいと感じたら、危険な状態なのです。負荷の高いアプリを使っている・・。特にゲームのアプリを長時間楽しんでいると、本体が熱くなる可能性はかなり高いのです。これはゲームの処理に多くの電気を使うからで、それに伴い発熱も大きくなります。ゲームは、スマホのためにも、自分のためにも「負荷をかけ過ぎない」ように遊ぶようにしましょう。

iPhone 6s/6s Plusケース総選挙の上位アイテムが最大1500円オフに――Spigen

火曜日, 10 11月, 2015

Spigen(シュピゲン)は、同社が開催したiPhone 6s/6s Plus向け保護ケース総選挙において、上位になったケースを最大1500円オフとするセールを実施しています。第1弾は11月6日~8日の3日間限定ですから、iPhoneユーザーはこの機会に是非とも保護ケースの購入を考えたらいいでしょう。気になる対象製品は「ネオ・ハイブリッド」(iPhone 6s/6s Plus)と「ネオ・ハイブリッド EX」(iPhone 6s/6s Plus)の二つです。それぞれ柔軟性と高い耐久性をもつTPUとポリカーボネート素材を組み合わせた二重構造の耐衝撃ケースとなっています。フレームに互換性があり付け替えも可能となっていて使い勝手も上々です。また、iPhone 6/6 Plusでも利用できるのが嬉しいところですね。これに先立つことSpigen(シュピゲン)は、9月18日にもiPhone 6s/6s Plus発売を記念したケース総選挙「SPGN48」をスタートさせています。Spigen公式Twitterアカウントをフォローし、商品の中から好みのケースを選んで画像とハッシュタグ「#Spigen総選挙」をツイートすれば応募完了となるものです。応募者の中から抽選で1人にSpigenのiPhone 6sケースを48個プレゼントするといったキャンペーンでした。比較すると今回のほうがかなり大がかりなものとなっています。

UQ mobileがまたも本家超え、mineoは厳しい結果に

水曜日, 4 11月, 2015

格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要なのが「通信速度」です。主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較しています。今回はauの回線を使ったサービスの測定結果を紹介します。MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんですが、「通信速度」も重要な選択の決め手になります。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいものですが、通信速度は各社一律で「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されているだけで、実際のところどれだけの速度が出るのかは分かりませんし、こればかりはぶっつけ本番ということになってしまうのです。それにお試し期間というものがあってもそこで好感触でもずっと使い続けるとちょっとしたことで回線が切れる、遅くなるということが目についてしまうことがあります。そこで、多くのサイトでは、各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査しています。そして、その結果を横並びで紹介しているのです。今回のau系MVNOですが、結果はUQ mobileの勝ちでした。わずかな差で追うのがau本家のLTE NETだった。混雑時間の影響をモロに受けているのがmineo、と言う結果になりました。