Archive for 2月, 2016

被写体を追っかけて自動回転するスマホカメラ用スタンド

金曜日, 26 2月, 2016

ドスパラは12月11日、顔認識や追っかけ撮影などの機能を備えたスマートフォン向け撮影スタンド「パパラッチくん Jr. DN-13394」を同社が運営する「上海問屋」にて販売開始しました。価格は税込7,999円です。スマートフォンに専用アプリをインストールすると、被写体の動きに合わせてスタンドが360度自動的に回転し、被写体を追尾します。顔が認識された状態で2~5秒静止すると、カウント後にシャッターを切ります。カウントする時間はアプリから設定できるとのことです。自動撮影では、1人を認識する「シングルモード」のほか、2人を同時認識する「カップルモード」、3人以上を認識する「自動モード」を選択可能です。さらに、顔を認識して追尾するだけの「トラッキングモード」も搭載しています。また、付属のリモコンでスタンドの回転をコントロールできる「マニュアルモード」も搭載しているのも便利です。本体底部にはネジ穴が装備されているので、三脚などにも取り付けられるのがポイントが高いところです。本体サイズは直径7.7cmで、重量は122g(バッテリーは除く)。スマートフォンとはBluetooth 4.0で接続。対応するスマートフォンは、iOS7.0以上、Android 4.3以上を搭載した端末となっています。

mamorinoの最新モデルは・・

木曜日, 25 2月, 2016

mamorinoはauから出ている子供向け携帯ですが、その最新モデルが発表されたそうです。それは、auのスマホではなくてスマートウォッチ。子供にスマートウォッチ?贅沢~と一瞬思ってしまいましたが、これ、スマホやガラケーよりも良いかもしれませんよ♪

スマートウォッチということは腕時計のように腕につけておけば良いわけで、スマホやガラケーのようにポッケに入れておいたり首からかける必要がない。なので、どこかにポイと置いてそのまま忘れることもないんですよね。

それに、このmamorinoの最新モデルは防水、防塵、耐衝撃性能があり、通話は勿論、SNSも可能。さらに歩数計やストップウォッチなどの機能も付いてくるんだそうです。

さらに「歩きウォッチ」という防止機能もあるとか。これは、子供が歩きならがスマートウォッチの操作をしないよう、「「あるきながらつかうとあぶないです」というアラートを画面に出し、歩いていているときは操作できない」という工夫がされているんだそうです。これは良い機能ですね。

子供にスマホは持たせたくはない・・でも、いざという時のために携帯電話は身に着けさせておきたい・・とい親にも喜ばれそうなアイテムとなりそうですね。

スマホでイラッとしたことランキング #GLITTY調べ

発熱なく快適に?雪山でも使えるスマホよりタフなタブレット!

木曜日, 18 2月, 2016

昨年発表されたDELLの丈夫なPC「Latitude Rugged」のシリーズのWindowsタブレットが発表されていました。

正直見た目はごつく、女性には若干抵抗のあるデザインかもしれませんが、電子機器であるタブレットを守ってくれそうで男性にはウケがよさそうだなと感じました。

またタブレットやスマホの画面を割ってしまったことがある人には魅力的です。

ちなみに製品紹介サイトでは雪山や砂まみれの環境での写真が載っているので、丈夫なだけではなく、どのような環境下でも使えるというのが売りのようです。

ディズプレイは直射日光下でも見えやすいパネルを使用していて、手袋でも操作でき、アウトドアで使うことを前提にしていることが伺えます。

暴風雨の中や塩水など通常の防水防塵と謳われているスマホなどとは比べ物にならない環境下で耐えられ、温度もかなりの低さから高さまで耐えられると、本当にタフな作り。価格はタブレットとっしては高額の311,100円と高いのですが、これだけのタフさであれば納得です。

振動ノイズ、発熱も全くなかったという使用者の声もあり、すべての人が欲しいと思う商品ではないものの、このような環境下で使いたかった人にとって、またこのような環境下で使えるならというアイデアがある人にとってはかなり魅力的な一台といえるでしょう。

photo_zpsfdwtnsoz.jpg

スマホ充電問題まで抱える、熱中している出会い系アプリはサイトと何が違うの?

火曜日, 16 2月, 2016

スマートフォンで出会い系アプリなど真剣に長々とやっているから、スマホ 充電問題など抱えて大変、本当にスマートフォンですることって星の数ほど存在し、気がつけば私達は、いつの間にかスマートフォンワールドの住人になってしまうかもしれません。

パソコンではさんざん出会い系サイトと向きあって来た人たちが最近では、出会い系アプリに注目をしてると言います。出会い系サイトと出会い系アプリって何か違うのかと疑問に思っている人たちもいるのではないでしょうか。

Webサイトとアプリケーションの違いです。ユーザーが端末にダウンロードして使用するソフトウェア、それがアプリです。 Webサイトは、ブラウザでサイトにアクセスすれば同じサービスを受けられ、あえてアプリをインストールする必要 はないと思いますが。

アプリはWebサイトの煩わしい部分を排除してくれるものと考えることが出来ます。Webサイトはパソコンの画面を前提に構成されているために拡大しないと全体を把握する事が出来ず、意外と不便さを感じます。つまりスマートフォンではWebサイトが不向きな構造なのです。

photo_zpsq8eiputq.jpgスマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015:いよいよ発表! 2015年を代表するスマホは……? (1/4) – itmedia mobile

自由に機種が選べ、気に入ったサイズや色が選べる

日曜日, 7 2月, 2016

Androidを選ぶメリットとして、多種多様な機種が発売されていることが挙げられます。特に画面のサイズが大きいものがあるというのが、Androidの強みとなっているのです。iPhoneの大きさ(4インチ)では、ユーザー希望の画面サイズより0.5インチ程小さいと言われています。Androidであれば、自分の好みや見やすさによって機種を自由に選ぶことが出来るでしょう。機能面で自由度が高いこと・・。Androidは、機能面でも優秀な部分があります。まず、Flashに対応しているため、動画サイトなどがパソコンと同じように見ることができるのです。また、いわゆる「ガラケー」と呼ばれる携帯電話についているおサイフケータイやワンセグといった機能を利用することや、スマートフォンの画面を自由にカスタマイズすることができて、自分の使いやすいように画面を変更することもできます。これは、Androidが自由度が高く設けられているからこそ可能なことであって、iPhoneではこのような特徴を出すことは現状ではできません。また、Android自体がGoogleによって提供されているので、Googleのアプリやサービスを高性能で利用することができます。そして、Androidだけでしか提供されていないGoogle社のアプリも存在するのです。

KDDI、「auでんき」を1月19日に発表

金曜日, 5 2月, 2016

KDDIが1月19日に電力小売サービス「auでんき」を発表しました。スマホ料金とのまとめて支払いやセット割も提供する予定です。また発表会には菅田将暉さん演じる鬼ちゃんが出演するとのことです。家庭向け電力サービスの詳細や価格、au携帯電話とのセット割の内容も明らかになる見込みです。同社は2015年10月、2016年4月の電力小売全面自由化に合わせて電力小売事業への参入を表明しています。沖縄や一部離島を除く全国で主にauユーザー向けに電力サービスを提供すると発表しました。 KDDI、電力小売事業への参入を発表――2016年春から「auでんき」を全国展開します。全国約2500店舗のauショップなどを活用したカスタマーサポート体制を構築して、通信料金とのまとめて支払いや割引きだけでなく、スマートフォンを活用したサービスなども予定しているのです。発表会にはKDDI 執行役員専務の石川雄三氏が出席。またゲストとして、auの三太郎CMで鬼ちゃんを演じる菅田将暉さんも出演しました。携帯キャリアの電力小売については、ソフトバンクが1月12日に「ソフトバンクでんき」の詳細を発表しています。3人家族なら携帯電話料金と電気代が年8000円以上安くなるという料金を打ち出したのです。
http://4meee.com/articles/view/717912

スマホ カメラの抱える不満

火曜日, 2 2月, 2016

スマホ カメラ。果たしてみなさんどれを選択したのでしょうか。

今、スマホと言えば、Xperia Z5です。Xperia Z5のカメラも評判です。しかし、 Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premiumで、不満の声が最近あがって来ています。

Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premiumは、スマホカメラにピンボケが起こると。それは決して少数の人たちの体験ではありません。少なくとも海外のZ5シリーズユーザーにとっては最も、現在のスマホカメラの不満問題となっているようです。

特に四隅の部分が著しくボケる・ブレるという症状が起こっているようです。国内からも段々と、同じ症状に対しての不満が報告されるようになって来ました。

そして、もっとひどいことに修理に出してもなにもされない可能性が高いということです。

ソニー側から何もしないようにという支持が出ているということです。これは一体どういうことでしょうか。つまり、ソニーは、これは仕様なので修理しても、交換しても治りませんと言っているのです。