なが~いの^^

火曜日, 3 5月, 2016

パナソニックから発売されたサウンドバーという白物。知っています?

このサウンドバーとは簡単に言うとパソコン用スピーカーだそうですが、日本ではあまり馴染みがありませんよね。アメリカではすでに注目度の高いスピーカーで、「薄型テレビの下に置く一体型のスピーカーシステム」として認知度が上がっているんだそうです。

日本ではテレビのためのスピーカーと言うよりも、いつもスマホで音楽を聴いている人が室内でスピーカーを使って音楽を聴きたい時に利用するアイテムという使い方の方が期待されているようです。パナソニックから発売されたサウンドバーは、見た目はホントにバーなんですよね^^細長い棒みたいなもので、これのどこから音が出るんだろうととっても不思議に思えます。

パナソニックのホームページでは「シアターバー SC-HTB175」として紹介されていました。発売日は5月20日。価格は24,000円前後となるそうです。クリアな音質とともに「「明瞭ボイス」機能、「3Dサラウンド」機能、急な音量アップを抑える「音量オート」」なども搭載されているそうです。

ということは、このサウンドバーって低価格帯のスピーカーなのかな、と思いきや、イギリスでは25万円近いものもあるそうで、世の中まだまだ知らないことが本当に多いな~と再確認したアイテムでした^^

これってどうなる?

月曜日, 2 5月, 2016

ドコモとともに総務省から是正を求められたソフトバンク。ソフトバンクのスマホにお得に乗り換えられる!と思っていた方たちは、実際どのようにされているんでしょうか。

ドコモは総務省の一声ですぐに実質0円を止めましたが、ソフトバンクは反論しているんですよね。ホームページのほうで、「当社の他社からの乗り換え向けの割引きは通信料金割引の一種で、端末購入補助とは本質的に異なる」と。

結局、実質0円という端末代金についてではなくて、ソフトバンクとしては通信料金の割引であるため、前回の総務省からのお達しには従ってますよ!ということですよね?!

難しい話しなのか、ソフトバンクがスレスレのところを歩こうとしているのかは私にはわかりませんが、国が企業に対して国がアレコレ口を出すのはどんなものかと思いますね~。このような実質0円の割引がこれまであったからこそ、国に税金だって入ってきたわけだし。。長年スマホやガラケーを使っているユーザーに対しては、別の方法で何らかのメリットを与えていくシステムを作ればよいかと。。

・・と、ど素人の私は思ったわけです^^ソフトバンクが是正に応じない場合、どのようになるのかちょっと興味もありますが、大事にならないと良いですね~。

タスクキラーアプリ「クリーンマスター」を導入する

日曜日, 24 4月, 2016

クリーンマスターの対応OS:Android 2.1 以上となっています。ちなみにiOSではCPUの動作を制御するアプリは存在せず、「クリーンマスター」はアンドロイド版のみになっているのです。iPhone、iPadをお使いで本体の発熱が気になるという人は、ホームボタンを2度押しから、使用していないアプリのタスクキルをこまめに行うことをおすすめします。特に、発熱直前まで使用していたアプリが犯人の可能性が高いのでiPhoneの本体が熱くなったらタスクキルすると良いでしょう。スマホを熱いまま放置しておくと、バッテリーの劣化を早める原因となるので、タスクキラーアプリで一刻も速く冷却することをおすすめします。今回紹介するクリーンマスターを使うと、発熱の原因となるアプリをシャットダウンしたり、CPUクーラー機能があるので、スマホの温度を速く下げることが可能です。クリーンマスターには、細かい機能がたくさんありますが、主に5つの主要な機能があります。
不要ファイル削除
タスクキラー
CPUクーラー
アンチウィルス
アプリロック機能
不要ファイルがある場合は、ゴミ箱アイコンの横にピンクで不要ファイルの容量が表示されます。
「不要ファイル」のアイコンをタップすると詳細画面に切り替わります。

Y!mobileからiPhone 5sが3月4日発売!

金曜日, 22 4月, 2016

ソフトバンクは、「Y!mobile」ブランドからiPhone 5sを販売すると発表しました。ソフトバンク株式会社は格安なスマホ&SIMプランを提供している「Y!mobile」(以下、ワイモバイル)ブランドから、iPhone 5sを3月4日より販売すると発表しました。ワイモバイルは、データ利用量に合わせ大手キャリアよりも格安な月額2,980円から利用できる通信会社です。ソフトバンクのグループ会社であることはご存知のとおりで、同社はグループ内でMVNO的な位置付けとされています。2015年のスマホ料金満足度No.1に輝いたワイモバイルのプランを改めて確認してみましょう。スマホプラン Sでは2,980円で1GBの通信となります。この価格にはデータ容量にプラスして、月間300回までの1回10分以内の通話代が0円になる通話無料サービスがついているというお得なプラン。格安スマホブランドでiPhoneの販売をスタートさせたのは、実はワイモバイルが最初ではありません。Appleからの正規ルートではありませんが、エックスモバイル株式会社が運営する「もしもシークス」は独自ルートで調達したアウトレット商品を販売。そのため、もしもシークスのiPhoneでは、AppleCareへの加入ができなかったり、故障修理の対応はもしもシークスだけ。今回のワイモバイルからのiPhone 5sは正規ルートであると考えらるため、AppleCareへの加入やApple Store店頭での修理対応も可能になるのではないでしょうか。
 

かゆいところに手が届く多彩な機能!

土曜日, 16 4月, 2016

この機能、きっと将来的には似たようなものが自動車に搭載されるのでは?と思いますね。

ロンドンの会社がBluejayというデバイスを発表したそうなんですが、このデバイス、「世界初のスマートマウントをうたう車載デバイス」とのこと。スマホを車の中に取り付けるパーツをマウントと呼ぶんだそうですが、このマウントがただの取り付けパーツではなく、自動車とスマホ、そして家をもつなげることができるようになるんだそうです。

具体的には、このマウントにスマホを取り付け、エアコンの吹き出し口など好きなところに取り付ける。あらかじめ設定しておくと、マウントに入れたらアプリが起動しはじめカーナビ機能、通話機能、メール機能、音楽のプレイリストなどが呼び出せるそうです。しかも最大3タップ以内で。車の中でもスマホで音楽を選んで聴く人がいると思いますが、運転中の操作は非常に危ないですよね。でも3タップ以内でこれができれば、便利ですし何より安全です!

また、ガソリンが無くなりそうな時にあとどれくらい走ることができるか距離を教えてくれたり、エンジンオイルの交換時期やタイヤ圧のチェックの目安時期なども教えてくれるそうです。そして、ホームシステムなどのアプリとつなげることで家にたどり着く前にエアコンをオンにしたり家の鍵を閉めたかの確認もできるそうです。

ホント!かゆいところに手が届く機能です。

やっぱりデザインって大切

金曜日, 15 4月, 2016

スマホのデザインも重要ですが、やっぱりスマホケースのデザインも大切ですよね、とくに女性はデザインがポイントになることが多いかと^^

金沢では新幹線の開通とともに様々なサービスや新規事業がお目見えしているようですが、その中で女子大生がデザインしているスマホのケースというものもあるんだそうです。

「金沢の魅力を女子学生の視点から発信するグループ「かなざわ娘」」と言うそうですが^^彼女たちが開発したスマホケースがネットニュースで話題になっていたんです。

3つのタイプがあるそうで、それぞれにひめだるま、ゆきづり、おてまりといった、はんな~りした名前が付いているそうです。

実際にどんなデザインなのかを知りたくで、かなざわ娘をネットで検索するとFacebookが最初に上がってきたんでそちらをクリック。すると、和のデザインのページになっていて、ありました!スマホケースの写真が。「三種類のゆるいタッチのイラストと金箔」と紹介されていたんですが、まさにゆるい^^

金箔が使われているということで、税抜きで3500円とのこと。どうなんでしょう^^売れ行きが良いだろうとはあまり思えませんが^^このようにネットなどで話題になること自体が金沢にとっても貴重なんでしょうね。

スマホのデザインも重要ですが、やっぱりスマホケースのデザインも大切ですよね、とくに女性はデザインがポイントになることが多いかと^^

金沢では新幹線の開通とともに様々なサービスや新規事業がお目見えしているようですが、その中で女子大生がデザインしているスマホのケースというものもあるんだそうです。

「金沢の魅力を女子学生の視点から発信するグループ「かなざわ娘」」と言うそうですが^^彼女たちが開発したスマホケースがネットニュースで話題になっていたんです。

3つのタイプがあるそうで、それぞれにひめだるま、ゆきづり、おてまりといった、はんな~りした名前が付いているそうです。

実際にどんなデザインなのかを知りたくで、かなざわ娘をネットで検索するとFacebookが最初に上がってきたんでそちらをクリック。すると、和のデザインのページになっていて、ありました!スマホケースの写真が。「三種類のゆるいタッチのイラストと金箔」と紹介されていたんですが、まさにゆるい^^

金箔が使われているということで、税抜きで3500円とのこと。どうなんでしょう^^売れ行きが良いだろうとはあまり思えませんが^^このようにネットなどで話題になること自体が金沢にとっても貴重なんでしょうね。

スマートフォン製品一覧はこちら

ネットワークの設計・構築、運用・保守に関するコンサルティングサービスを2015年11月から提供

火曜日, 12 4月, 2016

Linkingはあくまで仲介するだけで、何ができるかはサービスアプリとデバイスの組み合わせで変わってきます。例えば子どもにデバイスを持たせ、親から離れたときに親のスマートフォンに通知するようなサービスに使うこともできれば、同じデバイスを傘に付けると、天気予報アプリと連携して雨が降るときにはデバイスが光って教えるといった使い方もできるのです。他にブースでは、取っ手部にデバイスが埋め込まれたスーツケースが置かれ、スマートフォンのアプリでサーチモードにすると、デバイス部分が光って知らせるというデモも行われていました。スマートフォンのアプリをサーチモードにすると、スーツケースの取っ手に埋め込まれたデバイスが光るのです。空港のターンテーブルで似たようなスーツケースがあっても自分のものだと分かります。ドコモは日本で培った技術や経験を活用し、海外の移動通信事業者に対してネットワークの設計・構築、運用・保守に関するコンサルティングサービスを2015年11月から提供。そのサービス内容も展示していました。ドコモは社内にエンジニアを抱え、3Gや4G、さらに現在は5Gでも研究開発とサービスを運用しており、コンサルティングサービスを提供する素地があるということです。

スマホバッテリーを意識した時に選択するスマートフォン

金曜日, 8 4月, 2016

スマホバッテリー問題を気にした時、私達はどのようなスマートフォンを購入すればいいのでしょうか。

AQUOS SERIE SHL25もかなり評価されているスマートフォンのひとつです。まだまだ使用出来るスマートフォンです。そんな新しいスマートフォンばかりに訳も判らないまま追随するべきではありませんったら。

でも国内メーカーということで価格がちょっと高めであり、本当のおすすめは、 honor6 Plus、 Zenfone2であったりします。スマートフォンバッテリー問題で一番みなさんのストレスを救うスマホが何かと言えば、 honor6 Plusです。

それはHUAWEIのスマートフォンです。バッテリーの容量も3600mAhと大容量であり、ゲームをしている時に、よけいなストレスを感じることはありません。更に、カメラを意識している人たちにも、 honor6 Plusというスマートフォンは、最強です。背面に800万画素を2台搭載することによって最大1300万画素相当の写真を写すことが出来ます。

iPhone SEをフル活用するための選択

火曜日, 5 4月, 2016

アップルが4型スマートフォンの新モデル『iPhone SE』を発表しました。これまで大型化を続けてきたわけですが、ここに来て急にコンパクトなiPhoneに舵を切りましたよね。片手操作しやすく、ポケット収まりも良い4型サイズを望むニーズは少なくなかったようです。そんなiPhone SEには2つのストレージ容量が用意されていることをご存知でしょうか。SIMロックフリーモデルの場合、16ギガバイトが5万2800円、64ギガバイトが6万4800円となっているそう。iPhoneの新モデルにしてはお買い得な気がしますね。iPhone SEをフル活用したいなら断然64ギガバイトのモデルがオススメですよ。特に4Kビデオ撮影やLive Photosを利用するつもりなら、16ギガバイトなんてあっという間に埋まってしまいます。オンラインストレージ『iCloud』にデータを逃がす手はありますが、写真や動画を撮影する度に空き容量不足を気にしたり、iPhone SEに乗り換える前からどのお気に入り写真や動画を削るか考えたりする羽目になると思います。しかも容量不足でiOSのアップデートが行えないといったケースも出てくるでしょう。つまりiPhone SEを購入する予定の方は、64ギガバイトモデルしか選択肢がないということです。http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/au/

スマートフォンを防災や減災に活用する方法

木曜日, 24 3月, 2016

青少年のスマートフォン利用は、犯罪やトラブル、体調不良のもとになると問題視されがちですが、その一方で大規模災害時の安否確認や被災状況の手段として活用することも広く浸透してきました。そう、スマートフォンは防災や減災に活用することも出来るのです! 2/14、KDDIグループは兵庫県たつの市立龍野東中学校と共同で、スマートフォンを活用した親子の防災訓練を実施したそう。狙いは、スマートフォンの使い方やリテラシー向上に加えて、体験的に防災教育と情報モラル教育を身に付けてもらおうということ。防災訓練の内容は、大地震でダムが決壊し、1時間後には水害が起こるという想定…20分という制限時間の中で被災状況が書かれた情報カードを読み解き、グループの中で共有し、スマートフォンのメッセンジャーで離れている家族と簡潔にやりとりしながら安全な経路を組み立てなければいけないというものでした。大人でも難しそうなミッションですよね。しかし参加した生徒たち全員が避難所までの経路を確認でき、8割近くが他の家族の行き先も確認できていたというから驚きです。頼もしい限りですね!青少年のスマートフォン利用はマイナス面しかないと考えている大人が多い中で行われた今回の防災訓練…スマートフォンのメリットを生かして防災に役立たせることができるって素晴らしいですよね。その重要性は今後も日々高まっていくのではないでしょうか。