スマホを比較すると格安スマホが

木曜日, 15 6月, 2017

格安スマホが注目される中でこんな格安スマホが人気になってきました。
それは中国製のスマホです。
中華スマホなんて言われているようで、安く購入ができるという事もあり人気がありますよね。
スマホを比較してみればやっぱり安いです。
今ではスマホとなればやっぱり価格が高いのが気になってしまいますよね。
普通に数万しますから、やっぱり購入をしなくてはいけないとなってくると大変なものです。
できるだけ安くスマホを購入したい場合はやっぱり中国製のスマホなんていうのはいい所なのかなと思います。
中国製というだけで嫌がるような人もいるかもしれないのですが、気にしない人は気になりませんからね。
なので中国製のスマホが人気になっています。
スマホもネットさえ見えればいいなんて方もいると思います。
なのでこれから中国製のスマホだってどんどん人気が出て来そうだなといった感じです。
スマホの価格ももう少し安くしてくれればと思うのですが、日本製などは機能も良いのですが価格ももっと安くしてもらいたいですね。
実質0円というのもがなくなったため、負担がかかっているような人もかなり多いのかなと思ったりします。
これから何か良いサービスなどがスタートすれば嬉しいのですが、、、、

スマホ音楽でランニングを楽しもう!

火曜日, 30 5月, 2017

ランニングをしている人であればスマホで音楽を利用している方もいるでしょう。
しかし、ランニングをする時にスマホを持っていくのはちょっと面倒なんて方もいますよね。
ランニングの邪魔になったりして、何か良いものがないのかなと思っている方もいるでしょう。
そんな方におすすめの商品があります。
それは、「RunIQ」というスマートウォッチになります。
こちらは腕に付けるだけでいいので音楽が簡単に聴けるようになっていて手軽にランニングができます。
GPSを内蔵されているのでデータを入れることができるようになっています。
なので、Bluetoothヘッドフォンがあれば音楽を「RunIQ」で聴くことが可能になっているのです。
音楽の楽しみ方も色々とあると思います。
でも、ランニングとなればやっぱり邪魔になるようなものを持っていきたくありません。
そんな時にこのようなスマートウォッチを利用するのは良いものですね。
利用する事でランニングが気軽にできるようになりそうです!
ランニングに音楽は欠かせないと言う方には必見の商品だなと思います。
音楽があればやっぱりランニングも楽しくなりますから、ぜひ活用をしてもらいたいですね。

スマホのゲーム「陰陽師」は本格幻想RPG

木曜日, 25 5月, 2017

スマホは色々なところで楽しめるから便利です。
その楽しむ方法の一つにゲームがあります。
スマホのゲームは無料なものがたくさんありますので多くの人が利用しています。
そのスマホのゲームの一つに「陰陽師」という大人気ゲームがあります。
このスマホのゲームは全世界で大人気になっている本格幻想RPGで、なんと2億ダウンロードを達成しています。
だから試してみる価値が十分にあるゲームと言えますね。
また、最高峰の3DオンラインRPGでもありますので、美しい映像と共に迫力ある3Dで楽しめるゲームです。
ストーリーやバトルを通じて獲得したアイテムを強化することができますし、個性豊かな式神たちを上手く組み合わせて戦うこともできます。
それと、ドラマチックなターン制バトルなので飽きがきませんし、スキルを使用するとダイナミックな攻撃を発動するので迫力感と爽快感が味わえますね。
それに、位置情報サービスを利用したモードを搭載していますので、近くにいるユーザーを見つけて一緒に戦うことができます。
陰陽寮に参加することで、また違った楽しみ方があります。
このようなスマホのゲームは全ての部分で優れたゲームだと思いますので気になる人はぜひ試してみてください。スマホの充電トラブルを回避するコツ

KDDI、au向け4.7インチコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」

土曜日, 20 5月, 2017

au向けのシャープ製小型ハイスペックスマホとしてシリーズ化されている「AQUOS SERIE mini」の最新モデルで、旧機種で2016年1月に発売されました「AQUOS SERIE mini SHV33」(以下、SHV33)の後継機種。SHV33ではディスプレイの上左右の縁が狭い「EDGEST」デザインを採用していましたが、最近のシャープではEDGESTデザインをやめているのに従って普通のデザインになります。チップセットも64bit対応Qualcomm製「Snapdragon 617(MSM8952)」(最大1.5GHz×4コア+最大1.2GHz×4コア)と若干これまでのハイエンドの流れからすると落ちていますが、どんなシーンも綺麗に撮影できるスマホ最高レベルの高画素約2100万画素リアカメラと、フラッシュ付きでセルフィーも綺麗に撮影できるフロントカメラを搭載するなど、カメラ機能がより充実しています。発売時期は2017年2月上旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格48,600円(分割2,025円/月×24回)、毎月割1,350円×24回(総額32,400円)で実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)からを予定しているということです。
auの新機能で快適スマホライフ! – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

スマホの機能を使って依存を防ぐ

水曜日, 3 5月, 2017

スマホを持っていればやっぱり依存をしてくる人がいますよね。
最近ではそんなスマホ依存がかなり問題になってきているようです。
使用年齢だってかなり低くなってきていますから心配も多いです。
しかし、やっぱり子供の安全をと思ってスマホを持たせたうと思う時もありますよね。
小学校になればやっぱり行動範囲も広くなってきています。
そんな時にスマホがあればと考えて持たせる場合もあります。
そんな時に依存を心配する方におすすめのグッズがありますよ。
それは「ライト・フォン」なのです。
これは私も始めて見たのですが、かなり面白い携帯でもあります。
なんとスマホを持たなくても発着信ができるものとなっているようですよ。
こういうのを活用する事でもしかしたらスマホ依存を防ぐことができるようになるかもしれません。
スマホ依存もなってしまえば、そこから抜け出すのはとっても難しいことなので、まず依存にならないようにという対策も大切になってくるかもしれませんね。
幼い子の場合やっぱり依存になってしまい、そのまま成長をするのも怖いものですから、きちんと解消ができるようにしてあげたいものです。
そういう事をしてあげればスマホだって安心して使用できるかもしれませんね。スマホのハウツー・コラム

ウェアラブルのスポーツウォッチは便利

木曜日, 20 4月, 2017

ウェアラブルの一つにスポーツウォッチがあります。
そのスポーツウォッチの中でも注目されているのは「ポラール・エレクトロ・ジャパン」の「Polar M600」です。
このウェアラブルは手首に装着するだけで心拍が計測できる6LED光学式手首型心拍計を搭載しています。
本体裏面に付いている緑色LEDが光を照射し、その光に反射した光を吸光センサが検出して計測できる仕組みになっています。
便利な機能には、GPSや水泳も可能な防水機能が付いています。
また、Androidと連動することでメールの確認や返信、SNSのフィードの確認や音声操作などができますので便利だと思います。
ディスプレイはタッチパネル対応の1.3インチカラー液晶ディスプレイを搭載していますし、16種類のウォッチフェイスから好きなものを選んで装着することができますので自分好みにカスタマイズできます。
それに、音楽も楽しむことができますので運動も楽しく行うことができるでしょう。
消費カロリーや歩数を計測することもできますのでダイエットにも役立つと思います。
本体サイズは幅約36ミリ、高さ約45ミリ、厚さ約13ミリ、重さ約63gになっています。
このようなウェアラブルを利用して色々なことを楽しんだり役立てたりしてみてはいかがでしょうか。

AndroidタブレットからWindowsタブレットへと移行が進む3つの理由

日曜日, 16 4月, 2017

スペイン・バルセロナで開催されたMWC 2017では、スマートフォンをはじめ今年も数多くのデバイスが登場しましたが、例年に比べて見かける頻度が少なくなった製品ジャンルがあります。それは「Androidタブレット」なのです。実際、市場ではタブレットの人気が下がってきていて販売も低調です。この人気低下の背景には、スマートフォンの大画面化があります。ウェブブラウズや電子書籍の閲覧、動画サービスの視聴といった「コンテンツビューワー」としての役割が、7型~10型クラスのタブレットではなくスマートフォンが担うようになってきたためだと思われます。こうした状況のなか、逆に増えてきているのがWindowsタブレットなのです。付属のペンでクリエイティビティーな作業もできる第二の共通点は入力デバイスにペンが付属することです。Galaxy Bookはスマートフォンの「Galaxy Note」シリーズでも評価が高い「Sペン」が付属しています。HP Pro x2 612 G2とAlcatel PLUS 12にも、ワコムの技術をベースとしたペンを同梱し、単に指の替わりにタッチ操作をするだけでなく、筆圧を検知して精細なイラストが描けるレベルのペンになっているのです。高性能なペンとタブレットの組み合わせというと「iPad Pro」と「Apple Pencil」の組み合わせがありますが、Windowsタブレットの場合、デスクトップやノートなどふだん使っているPCと同じソフトがそのまま使えるという強みがあるのです。
ギャラクシーのタブレット登場!auのアンドロイドタブレットの紹介

“富士通、テレワークを全社員3万5000人に導入 “

金曜日, 31 3月, 2017

富士通は2月28日、テレワーク勤務制度を4月から正式導入すると発表しました。全社員約3万5000人を対象に、自宅、サテライトオフィス、出張先、移動中など、場所に捉われないフレキシブルな働き方を推進するということです。ITを活用した働き方改革に自ら取り組み、得たノウハウを他社への導入にも生かしていきます。勤務制度の改革に加えて、シンクライアントや仮想デスクトップ、メールやWeb会議などを行えるグローバルコミュニケーション基盤を活用し、セキュリティを確保しながらテレワークを実施できる環境を構築します。すでにPC・スマートフォンを活用した出退勤打刻システムも1月に導入しています。働き方改革の狙いや意義を社員に伝える意識改革も進め、「多様で柔軟な働き方」「長時間労働を前提としない働き方」を目指します。AI(人工知能)などを活用した生産性向上にも取り組み、成果は顧客にも展開していく予定ということです。オフィス以外の場所で働くテレワークは、働き方改革の流れの中で注目を集めていて、政府は20年までに、「テレワーク導入企業を12年度比で3倍」「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上」とする目標を掲げています。

ドコモ限定ビジネスモデル Xperia X Compact SO-02J

水曜日, 15 3月, 2017

docomo2016年冬モデルスマートフォンの中で、au/ソフトバンクから同型モデルが発売されない限定シリーズ、Sony Xperiaの小型スマホ「Xperia X Compact SO-02J」がビジネスモデルとして人気を博しています。これまでのコンパクトシリーズはモデルチェンジを繰り返しつつ、そのデザインはあまり大きくは変わってきませんでした。Xperia Z5 compactでは指紋認証が搭載されたことを受けて少し配置も変わりましたが、Xperia X Compactは新しいカラーラインナップ・4層コーティングが施されたボディを採用しているのです。SO-02Jの色は「ミストブルー」「ホワイト」「ユニバースブラック」「ソフトピンク」の4色です。同時発売されるXperia XZ SO-01Jと似たカラーが用意されているのですが、XZがメタル素材なのに対し、X Compactの素材はプラスチックです。ソニーの公式な見解でも「陶器のような」というように、光の反射具合・手触りは確かに陶器・セラミックス系の素材で作られたスマホに良く似ています。本体の角が滑らかに丸く処理されているあたりも陶器っぽく、高級感という意味ではメタル素材・ガラス素材系に劣るように感じましたが、艶があり指紋の付き難い光沢塗装がされているのは実用的だと感じました。iPhone7 /7 Plusに追加されたジェットブラックのツヤとはまた別の質感です。
http://www.samsung.com/jp

スマホカメラを比較してみると

木曜日, 23 2月, 2017

今ではスマホカメラはスマホを選ぶ基準としてもかなり大事なものとなってきています。
最近では、デジカメを使用せずに、そのままスマホカメラを使う人がかなり多くなっています。
それだけカメラが必要となっている時代になっています。
日頃から、写真をすぐに撮影できるようにスマホもやっぱりカメラ機能は良いものがいいですよね。
スマホカメラ機能としては、iPhone 7、Xperia XZ、Huaweiが注目されています。
これらを比較してき、どのスマホが自分は良いのかを見ておけばいいかもしれません。
スマホも1度購入をすれば、なかなか変えるのは難しくなってしまいます。
日頃からスマホカメラをきちんと使用していけるように、スマホカメラも満足できるものを選んでいってみてください。
今はスマホカメラもどんどん進化をしていっていますから、自分が使いやすくキレイに撮影ができるものを選びましょう。
iPhone 7なんかは、14週連続トップなんていうデータもあるみたいなので、これはかなり期待ができるスマホですよね。
スマホカメラもどのような違いがあるのか、お店でチェックをしてみるのもいいものかなと思います。http://www.samsung.com/jp