「SONY Xperia 1」が選ばれている理由

土曜日, 31 8月, 2019

“使用者の年齢層が幅広いスマートフォンでは、SONY Xperia 1が高い人気を誇っています。
SONY Xperia 1の特徴は、「カメラに定評のあるスマートフォン」で、且つ、「Xperia 1からトリプルカメラになった」ところでしょう。SONY Xperia 1は、「レンズが標準レンズ、望遠レンズ、超広角レンズ搭載」のため、レンズ性能、カメラ性能がトップクラスのスマートフォンでもあります。
しかもSONY Xperia 1は、「スマホ世界初の瞳AF機能を搭載している」モデルでもあるので、SONY Xperia 1を使って写真撮影を行うと、被写体の瞳に対してピントが合うポートレート撮影が可能です。これによりSONY Xperia 1は、一眼レフカメラの性能に近づくことができました。
撮影機能に関しては優れているSONY Xperia 1ですが、その代わり、SONY Xperia 1の本体価格は10~14万円と高く、取り扱っているキャリアは、三大キャリアの「docomo、softbank、au」となっています。”

SHARPのハイスペックスマートフォン「AQUOS R3」

日曜日, 18 8月, 2019

“SHARP AQUOS R3は、ハイスペックスマートフォンとして有名なのですが、以下のような機能を有しているため、世界的に見てもハイスペックであるのは確かでしょう。
SHARP AQUOS R3は、「CPUが8コアSnapdragon 855」を搭載しているため、一般的なスマートフォンの利用であれば、ほぼ詰まることなく動作するようになっています。今では、動画視聴、ゲームアプリのプレイにおいても、CPU、そしてROM、RAMが重要視される時代となっているため、オクタコアCPUはかなりの人気となっています。
しかもSHARP AQUOS R3は、「メモリ6GBで、10億色を表現する6.2インチのPro IGZOディスプレイ」のため、迫力ある映像も存分に楽しめるようになっているのです。SHARP AQUOS R3のサウンドシステムは、「Dolby Vision、Dolby Atmos」が採用されています。”

若い人のスマートフォンを持つ理由は?

木曜日, 8 8月, 2019

“子どものためにスマートフォンを・・・という親は多いです。
その理由ですが、子どもの場合は「どこで遊んでいるのか不安だから」という理由があり、親が子の動きを察知するために、あえてスマートフォンを与えるというケースも少なくありません。その他の理由では、「スマートフォンに慣れて欲しい」という理由もあります。
インターネットそのものに触れていない子どもほど、法律に反する行動を取ってしまうことが多く、近年では、違法アップロードなどを通じて厳しい指摘も増えてきました。子どもの場合は、やって良いことと悪いことの区別がつかない、このような問題点もありますので、早い段階で教えておいたほうが良いという意見もあります。
他にも、GPSを使って子どもの動きを捉えることにより、スマートフォンのみで安全に帰り道を進んでいるのか、こちらを確認する目的の親もいます。近年では、そんな行動を補助してくれるandroid端末も増えてきました。”スマホ バッテリー

RAMは重要!ROMとはどこが違う?

金曜日, 26 7月, 2019

“最新機種のスマートフォンを探していると、「RAMが○GBで高性能」というものが良く見つかります。
そのため、スマートフォンのROM、RAMは似たようなもの・・・と勘違いしてしまう人もいるのですが、ROMは「保存できる容量」、RAMは「様々な用途で使用する際の容量」であることを理解しておきましょう。そもそもRAMとは、「ランダムアクセスメモリ」のことです。
1つの作業に対してのみ使用されるメモリではなく、アプリを使用する、動画を視聴する・・・というふうに、複数の作業を安定して行えるようにするために存在しています。RAMの見方についても、今ではハイエンドモデルのスマートフォンでは、4GB以上のものが増えていますので、こちらを目安にして、より高品質なスマートフォンを選ぶようにしましょう。
ちなみに、RAMの容量が少ないものを選んでしまうと、複数の作業、もしくはページを開く際に、急に動きが止まってしまうなど、様々な問題が起きてしまうため、このような悩みをすでに抱えている場合は、容量アップを意識したほうが良いでしょう。”

何が凄い?公衆向け5Gの利点

金曜日, 12 7月, 2019

“5G通信は凄いと言われていますが、アメリカ、中国、韓国・・・のように、日本以外が5Gを積極的に導入しようとしています。
また、5Gを導入するとインターネットが使いやすくなると言われていますが、具体的には、以下のような恩恵を得られるので、5Gの開発、導入を進めている先進国が多いのです。5Gの魅力その1は、4Gでは想像もできないようなスピードを誇っているところでしょう。
10倍ほどのスピードでダウンロードできるため、2時間の映画であっても、数秒でダウンロードできるようになるのです。5Gの魅力その2は、将来的には公衆向け5Gをスタートできるところです。
今ではインターネットの利用者が安定しているため、インターネットを家庭の電化製品と結びつけるプロジェクトも進んでいます。そのために欠かせないものが公衆向け5Gなので、android端末でも、5Gの注目が高まっているのです。
公衆向け5Gは、2019年以降から積極的に導入される見通しとなっています。”

「HUAWEI P30 lite Premium」の良いところ、悪いところ

日曜日, 30 6月, 2019

“どれほど優れているスマートフォンであっても、欠点がまったく無いわけではないので、HUAWEI P30 lite Premiumにも良いところ、悪いところがあります。
HUAWEI P30 lite Premiumの良いところは、「ストレージ128GB」のため、実は後継モデルとしてストレージの増量に成功しているのです。他にも、「搭載CPUがKirin710」、「メモリーRAM4GB」となっているので、ハイスペックスマートフォンであるのは確かでしょう。
つまりHUAWEI P30 lite Premiumは、超高負荷3Dゲームアプリであっても、サクサク動作するスマートフォンを求めている人にオススメなのです。しかしHUAWEI P30 lite Premiumは、「格安SIMのSIMフリー版」の発売を行っているので、このようなところを悪いところと評価する人もいます。
近年では、ニュースでも騒がれているため、安全性について問う人も増えてきました。”

指紋認証機能は便利?「HUAWEI Mate 20 Pro」の口コミでわかる実態

金曜日, 28 6月, 2019

“スマートフォンの最新機種に関するニュースを調べていると、SNSなどを通じて、ハイエンドモデルの購入を控える人が増えている事実を知ることができます。
その理由ですが、HUAWEI Mate 20 Proのような高額スマートフォンであっても、指紋認証機能が完全ではないからです。実際に利用されている人の声を参考にすると、「コツがいる」、「50%くらいで指紋認証できる」という意見が見つかります。
このような悩みを抱えている人は少数派では無いため、その影響でハイエンドモデルの評判が下がってきました。補足となりますが、HUAWEI Mate 20 Proの指紋認証機能であっても、「指の腹で押すようにする」、「長めに強く押しつける」と良いそうです。
このようなトラブルはエントリーモデル、ミドルレンジモデルでも見られていたため残念ですが、スマートフォンの最新機能に触れる際は、あらかじめインターネット上の口コミも参考にしたほうが良いでしょう。”

カメラ性能で選ぶスマートフォンの選び方

金曜日, 21 6月, 2019

“今では、SNSに写真を投稿している人は多く、その影響でスマートフォンのカメラ性能についても、格段に進化するようになりました。
具体的にどのような進化を遂げているのかというと、以下のポイントに絞って確認すると、その進化ぶりが良く理解できます。まず、大きな変化ではイメージセンサーが強化されました。
イメージセンサーを見る時は、「サイズの大きさをチェックする」だけで問題ありません。サイズが大きいほど高性能で、その後に、画素数、F値などもチェックするようにしましょう。
画素数とは「静止画を構成する一つ一つの点」のことです。つまり画素数が多いスマートフォンは、「拡大しても画質が荒れないメリットがある」ため、写真撮影にこだわっている人たちから評価されています。
F値は「レンズの明るさ」のことで、F値が小さいものほど暗い場所でもきれいな写真撮影を行えるようになります。そのため、これらのポイントをおさえて選んだほうが良いのです。”

話題のワイヤレス充電の特徴、仕組み

金曜日, 14 6月, 2019

“ミドルレンジモデル以上のスマートフォンでは、ワイヤレス充電に対応している最新機種が一気に増えました。
それほど便利なワイヤレス充電なのですが、ワイヤレス充電の特徴は、コードレスの状態で充電が可能となっているところでしょう。これをワイヤレスというのですが、ワイヤレス充電の充電方法は、「専用充電パットの上に置くだけ」で完了するため、感覚的にワイヤレス充電を行うことが可能になっています。
今では、中高年の方もスマートフォンを持つ時代になっているため、このような機能のスマート化が評価されるようになってきました。しかもワイヤレス充電は、わざわざペアリングなどをする必要もありません。
つまりコストパフォーマンスも良い充電方式なのです。ワイヤレス充電は、「電磁誘導方式」が主に使われているのですが、これは給電側(充電パット)、受電側(スマートフォン)の2つのコイルを利用する充電方式となっています。
最新式のワイヤレス充電は、充電パットのどこにスマートフォンを置いても、充電ができるようになっているのも、ワイヤレス充電の大きな特徴でしょう。”

ミドルレンジモデルは高性能化が進んでいる

金曜日, 7 6月, 2019

“スマートフォンで良く聞く、「ミドルレンジモデルは平均的なスペック」についてですが、実際は、ハイエンドモデルと遜色ないミドルレンジモデルが増えてきました。
過去のミドルレンジモデルであれば、インターネットを利用できる、アプリを利用できる・・・、これだけでスマートフォンとしての性能は十分だったのですが、今では、OS、CPU、データストレージ、カメラ性能も求められるようになっています。これらの条件を満たすものはハイエンドモデルと思われていることが多く、ミドルレンジモデルでは満たせないと思われている人が多いのです。
しかし今では、ハイエンドモデルのようなスペックを誇るミドルレンジモデルが増えています。ミドルレンジモデルの場合、価格相場も約4万円に落ち着くようになったため、価格を気にしてスマートフォンを購入する人の場合、ミドルレンジモデルを選んだほうが良いかもしれません。
ハイエンドモデルと比較した場合、ミドルレンジモデルは動画を視聴する際のスペックに難があり、最新のゲームとの相性が良くないこともあります。”