Category “未分類”

5GのGってどういう意味?

日曜日, 28 6月, 2020

“5GのGは、「generation、世代」を意味します。
つまり、4Gから5Gというのは、「第5世代に移行した」ことを意味するのです。正確には、「第5世代移動通信システム」のことで、これからは5Gと呼ばれる移動通信システムが利用できるようになります。
5G以前の移動通信システムについては、次の案内を参考にしてください。第1世代は、携帯電話が登場したばかりの頃で、1985年~1990年代に使用されていた通信システムのことです。
当時はスマートフォンではなく、大きなモバイルを活用することによって、連絡を取りあえるだけのシステムでした。日本国内の1Gは、1999年にサービスが終了しています。
第2世代は1993年にサービス開始となりました。メール・電話というと、モバイルが持っている機能として定着していますが、第2世代に入るまでは難しい技術とされていたのです。
第2世代に登場したモバイルについても、今では「ガラケー」と呼ばれるものになっています。第3世代に入ってからは飛躍的な進化を遂げるようになりました。
日本国内でサービスが始まったのは2001年です。第2世代との大きな違いは、通信速度が飛躍的な進化を遂げたため、最大2Mbpsの通信速度を出せるようになりました。
今では、100Mbps以上が当たり前の時代なので驚かないかもしれませんが、第2世代から第3世代に移行したことによって、動画コンテンツの存在が少しずつ知られるようになっていったのです。そして今では、多くの人が第4世代の移動通信システムを利用しています。
2015年に日本国内でサービスが始まりました。第3世代の通信速度は最大で40Mbpsほどだったのですが、第4世代に入ってからは最大1Gbpsとなったため、オンラインゲーム、ソーシャルネットワークなどのサービスが一気に普及しました。動画配信サービスについても、ライブ配信サービスが可能となったため、今では、YouTubeのサービスを利用している国内ユーザーが増えています。
そんなGは、第4世代から第5世代に移ろうとしています。ただ残念なことに、第5世代のスマートフォンは少なく、スポット的に5Gを利用できる状況です。
今年度から本格的にdocomo・Softbank・auも参入してくるのですが、世界ではすでに第5世代のサービスを提供している国もあります。これから第5世代によって「IoT技術が役立つ」と言われていますが、都市部以外では、その恩恵をあまり受けられないかもしれません。
日本国内でも、第5世代移動通信システムを試験的に利用しているだけなど、本格的な利用が可能になるまで1年以上かかるとされています。なので、2020年から急激に第5世代移動通信システムが活用されるわけではない、こちらも理解した上で5Gスマホ・プランの契約を検討したほうが良いでしょう。”

UQモバイルが人気の理由

水曜日, 10 6月, 2020

“UQモバイルは、auのサブブランドにあたるMVNOです。
MVNOは、格安スマホの事業者として有名なのですが、UQモバイルは、ただスマートフォンが安いだけではありません。というのも、他のMVNOと比較してUQモバイルは、データ通信が安定しているからです。
MVNOの多くは、通信データ容量に難があるか、良い通信プランを選択すると、格安スマホのはずなのに合計料金が高くなってしまうという、本末転倒な結果になることが多いのです。そのため、格安スマホが欲しくて通信データ容量にも配慮されているMVNOを探している場合は、UQモバイルを選ばれると良いでしょう。
しかもUQモバイルは、端末ラインナップが多いので個性的なスマートフォンを選べます。UQモバイルは、auブランドのものと同様のモデルもセット購入できるため、こちらを意識して、あえてUQモバイルを選ばれる人が増えてきました。
UQモバイルは、バランスの良いMVNOと言えます。”

3Dガラスが特徴的な「Motorola Moto G7 Plus」

月曜日, 8 6月, 2020

“Motorola Moto G7 Plusは、格安スマホとしても有名ですが、本体背面が3Dガラスとなっていることでも有名です。
他のスマートフォンにはない特徴を有している、そんなスマートフォンをお求めの方は、Motorola Moto G7 Plusを選ばれると良いでしょう。また、3Dガラスだけでなく、Motorola Moto G7 Plusは全体的にスタイリッシュです。
Motorola Moto G7 Plusの見た目はゴツゴツとしているのですが、その重さは約172gとなっているので、コンパクトサイズのスマートフォンと遜色ない重量となっています。Motorola Moto G7 Plusは、「ディスプレイが6.24インチのフルHD」となっておりますので、やや縦長の形状となっている以外は、既存のスマートフォンと差異がありません。
カメラはデュアル仕様、背面カメラの画素数は1600万画素に加えて500万画素のため、高精細な撮影も可能となっています。”

キャリアスマホの電話料金

金曜日, 29 5月, 2020

“大学生の多くはキャリアスマホを利用しています。
ですが、キャリアスマホの通話プランはどれも同じわけでは無いので、以下のことに注意してください。多くの人から利用されている通話プランでは、「かけ放題」があります。
こちらは24時間の国内通話であれば、定額プランに組み込まれるというものなので、比較的簡単に導入できるでしょう。しかし、かけ放題以外の通話プランでは、5分以内の通話であれば通話無料のサービスもあるのです。
通話料金についても、定額プラン以外では30秒で20円かかるものが多いので、定額プラン以外で通話料金が安いものを探そうとしても、好みのものが見つかる可能性は低いです。結論としては、キャリアスマホの通話プランは、定額プランに申し込むのが一番ですし、契約後に、別プランを考慮するのも賢い手であると言えるでしょう。
近年では、LINEを利用することによって無料通話が難しくないのも、定額プランの人気に影響を与えています。”ドコモ スマホ

楽天モバイルの何が凄い?

土曜日, 4 1月, 2020

“2017年時点でMVNOシェアNo.1の楽天モバイルは、今でも、以下のようなサービスを提供しているため人気です。
楽天モバイルは、SIMフリースマホを意識して販売しているのですが、その際に、SIMフリースマホ初心者から評判の、「スーパーホーダイ」を提供するようになりました。SIMフリースマホは安くて便利なのですが、その代わり「部分的にしかサービスを受けられない」・・・、このようなデメリットもあるのです。
しかし楽天モバイルは、10分間通話使い放題となるスーパーホーダイプランがあるため、不便な点をカバーしてくれるサービスが多いということで人気です。その他にも楽天モバイルであれば、通信データ量を使い切ったときの速度も安定するという特徴があります。
補足となりますが、他のキャリアでは「300kbps程度まで通信速度が低下する」ので注意してください。これほどまでに通信速度が低下すると、メール、SNSのやり取りが困難になることもあります。
スーパーホーダイプランでは、通信速度が低下しても1Mbpsでの通信が可能です。”

多くの要望を満たす「Motorola Moto Z3 Play PABH0005JP」

日曜日, 29 12月, 2019

“長く売れ続けている型落ちスマートフォンというと、Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPが有名です。
Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPは、「6.75mm極薄ボディ、6.01インチワイドディスプレイを搭載」となっているのですが、他のスマートフォンでは真似できない作りなのに、格安スマホとしても販売されているのです。Motorola Moto Z3 Play PABH0005JPは、デュアルカメラ搭載のため、写真撮影に力を入れたい人にオススメできます。
このように優れたスペック、機能を持つMotorola Moto Z3 Play PABH0005JPですが、バッテリー容量は「3000mAh」と心もとないので、こちらも理解した上で購入するようにしましょう。注目の機能では、右サイドに指紋認証センサーが搭載されています。
左手で持つ人の場合、シームレスに認証することが可能になるため、素早く認証を終えられるように工夫されています。”

ドコモの学割はどんな仕様?

土曜日, 28 12月, 2019

“大学生の多くは、高校生の頃から使用しているドコモスマートフォンを選ぶことが多いです。
そのため、何気なくドコモスマートフォンの料金プランを理解している人が多く、ドコモの学割でもそうですが、割引制度については詳しくないことが多いです。ドコモの学割は、25際以下の利用者が対象となるので、「学生であれば申し込める」ようになっています。
ドコモの学割は、月々1500円も割引されるようになっており、しかも、1年間に渡って受けられるキャンペーンのため人気が高いです。ですが、ドコモの学割には注意点があります。
ドコモには、他にも人気の割引制度があり「docomo with」が人気です。しかし、ドコモの学割とは重複してはいけないので、その他の割引制度を無視して申し込まないようにしましょう。
「docomo with」は対象端末に対して、1500円の割引がずっと受けられるキャンペーンとなっています。”スマホ スペック 比較

スマホの初期化設定をする際にも、、、

日曜日, 28 1月, 2018

スマホの初期化方法もきちんとしておきたいものですね。
初期化設定ができていないとやっぱりスマホを手放すが怖いですからしっかりとできるような状態にしておきたいものです。
スマホの情報を守るには大切なものなので気をつけてみてください。
スマホの初期化なのですが、やっぱりスマホを手放す際には大切なものとなってきます。
すべてデータを消しておかなくては、データが残っている状態は危険です。
なので、きちんとスマホの初期化が大切になってくるのです。
スマホの初期化をする際には、データが消えて困るようなものもあります。
IDやパスワードは忘れそうなものはどこかに記載をするなどしてくださいね。
初期化設定をした後では、データが分からなくなってしまうこともあります。
後は、きちんとデータを守りたい場合初期化設定の際には、データを暗号化をすることをおすすめします。
結構そのまま初期化設定をすれば大丈夫なんて思うような人もいるかもしれません。
でも、この暗号化が非常に大切だったりするのです。
暗号化をして、自分の大切なデータを守れるようにしておいてくださいね。
おサイフケータイなんかの残量なんかもないようにすべてきちんと使用をするなど気をつけるような点もありますね。

スマホの防水機能は絶対に大丈夫?

水曜日, 24 1月, 2018

スマホの防水機能も今はすごくなってきてスマホの水没事故も防げるようになってきました。
水没事故といういのは結構身近なので防いでいきたいものです。
そのためにも防水のスマホというのが嬉しいものなのです。
しかし、防水機能というのもあまり信用し過ぎるのもよくありません。
スマホの種類によってあまり防水機能が高くないものもあります。
なので防水だからどんなに水に浸かっても大丈夫なんて思わない方がいいですよ。
スマホの最初はいいのですが、長く使用をしているとどうしてもパッキンなんかが弱ってきてしまいます。
そうなった時に水につけてしまえば、水没する可能性があるのです。
なので、水没だから多少水に浸かってもなんて考えは注意するようにしてくださいね。
そうでないと水没して故障なんていうのも普通にあるみたいなので気をつけましょう。
スマホが水没してしまえば、データもすべて消えてしまいますからそこはきちんと考えて使用をしてみてください。
防水スマホが絶対大丈夫という考えは持たないようした方がいいかもしれません。
防水で水没してしまったという経験者がいるからこそ注意をしなくてはいけませんね。

スマホの初期化設定がとっても大事!

土曜日, 20 1月, 2018

スマホの初期化設定もスマホを手放す時には絶対にやっておきたいものですね。
スマホにはデータがたくさん入っているのでそれが他人に見られるのは嫌なものです。
そんなスマホの初期化設定前にやっておきたいのが暗号化です。
この暗号化なのですが、初期化設定の前にやっておかなくてはいけません。
しかし、この暗号化もすぐにできるものでもありません。
結構暗号化をするまでに時間がかかってしまうので、もしも手放すなんて時はまずやっておくといいかもしれませんね。
スマホも今ではどのように復元されるのか分からないものです。
復元されてしまうとデータはもちろん他人の手に渡ってしまいます。
それを防ぐためにも暗号化が大事になります!
暗号化を知らない方もまだまだいると思いますのでこれは初期化設定をする際にはやっておいてくださいね。
安心感を持つためには暗号化が大切になるのです。
悪い人もたくさんいますから、データを盗まれないようにするためにこういった設定も大切になるのです。
スマホもデータは人も見られたら困るようなものもあると思います。
個人情報がいっぱいですからそれをしっかりと守ってあげてください!